盲点を突かれたウォーターサーバー

ウォーターサーバー

 

 

私がウォーターサーバーを始めたのは親戚から勧められたのがきっかけでした。

 

 

第一子を出産し離乳食が始まった頃水道水を離乳食に使うことに抵抗を感じ、毎日スーパーで飲料水を購入し使用しているのを見かねて勧めてくれました。
高価なイメージのあったウォーターサーバーですが色々調べていくうちに天然水だと月に5000円くらいから浄水レベルの飲料水なら月に3000円未満だということが分かりました。

 

 

毎日90円ほどのペットボトル飲料水をスーパーで購入していたことを考えれば妥当な金額だと思いウォーターサーバーを導入してみることにしました。

 

 

 

何社か問い合わせましたが田舎暮らしなので対応エリア外とかで断られたこともありあまり会社を選ぶことができませんでした。

 

 

床に設置するタイプと机の上に設置するタイプと色々選べましたが我が家は床に設置してもらえる大きいタイプを選びました。

 

 

始めは12リットルの重たいボトルを設置してもらえましたが2本目からは自分で設置しなければならないのが苦痛でした。

 

 

また冷水と熱湯が出るので離乳食作るのにも普段の飲料水でも重宝しましたが電気代が1ヶ月で2000円くらい上がり勿体ないと感じてしまうようになって来ました。

 

 

 

ちょうどその頃1年近く使用していた親戚からウォーターサーバーから変な臭いがし始めて辞めたという話を聞きました。
1年クリーンもせず使用してクリーンが必要ならまたお金を請求されるということでした。
我が家も3ヶ月くらい使用していましたが出口を軽く拭くくらいで完璧なクリーンをして来ませんでした。
変な臭いがして来ても嫌なのでちょっと早めでしたが半年ほど使用して辞めました。

 

 

毎日綺麗な水が冷たく温かく飲めるのは有り難いし便利ですが盲点だらけで早々辞めました。