いつの間にか欠かせない存在に。

水

 

 

私はもともと水に興味がありませんでした。
実家暮らしで、実家には浄水器があるし、そもそもお茶しか飲まないし。
コンビニで水を買うこともなかったので若い時はほとんど水を意識して生活していませんでした。

 

 

それが主人との結婚で一変しました。
主人の実家は自営をしている為お客様用にウォーターサーバーを設置。
自宅にもウォーターサーバーがある為、結婚を機に実家を出た主人は絶対にウォーターサーバーを置くときかない。
仕方がない為、とりあえず置くことにしました。

 

 

主人がほしいから、置いたウォーターサーバー。
全然使わない主人。
勿論私も使わない。
という訳で、残っても仕方ないし、私のスチーム美顔器の水に使う日々。

 

 

こんないい水でスチームあててていいの?
なんか背徳感すら感じてました。
とある日、いきなり主人に、
ねぇ、氷、ウォーターサーバーの水で作ってる?

 

 

そう言われてこの生活が変わりました。
なんで、氷をわざわざいい水でつくんの?と、私。
氷が溶けた時の味が全然違う!と、主人。
主人は外で仕事をしているため、暑い日の飲み物にはうるさい。
飲む物はキンキンに冷えてないとだめだし。

 

 

ああ、そうなんだ!
それを聞いてから料理にも使うようになりました。
姑からも、水が美味しくないと、炊いたお米は美味しくないよって言われて、お米に使ったりしました。

 

 

ある日、痩せてる人から、私はお茶は飲まない、不要な味するから、水飲んでると言われて、そういえばモデルさんも水飲んで綺麗になるって言ってたなと思い、それからお茶より水を飲むようになりました。

 

 

今では、子供2人分のミルク、離乳食、コーヒー、沸かす手間なく美味しく安全な水が手軽に使えて本当に助かっています。
配達も3階まで持って来てくれるし、買いに行く手間も無く、無くなったら電話一本で持って来てもらえて欠かせない存在です。